ホースパラダイス群馬~オーナー様の大切な愛馬の近況をお届けしています
2013年09月17日 (火) | Edit |
今日はまさに台風一過のさわやかな秋晴れになりましたね

敬老の日を含むこの三連休は台風18号が日本列島を吹き荒れましたが、皆さんは大丈夫でしたか?

競馬界でも中央の東西開催が同時に中止になったりしましたが、
我らがホスパラは幸い馬房に雨が吹き込んだ程度で済み、馬達はみんな無傷です。

さて、前置きが長くなりました、ここからが本題です。

昨日、9月16日と言えば(^-^)!

そう!ポニーののぞみの1歳のお誕生日でした~!!

のぞみ

のんちゃんおめでとう

嵐のせいで1日遅れになりましたが、お祝いに行って来ましたよ~(^-^)

昨年、奇跡の子みらいの誕生から遅れる事3週間…
ついに、やっとその日が来ました。

「産んだよ!!」と早朝に場長夫人からの連絡に、

「無事ですか!?ふたりとも生きてますか?」と思わず聞き返してしまったほど、のぞみの母マリンの出産には気を揉まされていました。

何しろ5月には既にいつ出産してもおかしくないお腹になっていて、会員さんたち皆が楽しみにしてました。

ところが春から梅雨になり、明けて夏が来ても一向に産気付く気配も無い。

そのうち、妊娠さえしておらず、ただのおデブなのでは!?
なんて話も持ち上がり、ポニーの子馬の誕生への期待に諦めムードが漂い初めました。

そんな中、まさかのキャロットの出産!!

喜びに歓喜する傍らで、マリンのお腹は僅かずつ大きくなり続け、マリンの妊娠を信じる会員は、
「これ以上産まれないと母子共に命の危険が…」とパンパンのお腹を見ては、頭を抱えていたのです。

初産も大変だったマリンが果たして無事に1人で産めるのか…

マリン2

だから、ついに!ついに!その日が来た時、まず母子の無事を確認しまったのです。

立ち合ってお手伝いもしてあげられなかったマリンが心配で、すぐに駆けつけました
マリンの元気な様子に安堵し、子馬に目をやると「デカッ!脚太ッ!」思わず口をついて出ました(^_^;)

のぞみ生後1日(2)

「こんなにお腹の中で育ててしまって大きくなった赤ちゃんをヨクゾ1人で産めたね~エラカッタヨ~」
とマリンを抱き締めてしまいました。
その横で、大きな子馬は半分寝ている様なふにゃふにゃの顔をしてボーッと立ってました。

のぞみ生後1日

やっと生まれてくれたねずっとずっと待っていたんだよ(*^_^*)

そして待ち望まれていたこの子馬は「のぞみ」と命名され、

マリンとのぞみ

今ではマリン母さんよりも大きく育ちました。


以上、TAIYUMAMAさんに、一年前を振り返っていただきました!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック