11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

変化

2012/12/23
今日は、通われて3年目のKちゃんのご家族から、
うれしいお話を伺いました。



初め、いろいろな牧場を訪ね歩いたそうですが、
身体を自分でお越していられなかったKちゃんは、
乗せてもらうことができませんでした。

そんな中、ホスパラでは来たその日のうちに、
2人がかりでKちゃんを支えながら、馬にのることができました。
そして通われて3年目、今では石井先生が一人で支えていれば乗れるようにまでなりました。
しかも今日は、泣いたりすることも少なく、安定して乗っていられて、
ご家族もKちゃんの身体の変化に驚いているということでした。


私たちも、通われている皆さんの、
そういった変化を見ることができて、
とても嬉しくなって、励まされます。
ありがとうございます。


karen.jpg
14:52 ホースセラピー | コメント(0) | トラックバック(0)

12月15日乗馬療法

2012/12/15
今日は雨も心配されましたが、暖かい日差しの中
14名の方が乗馬療法にいらっしゃいました。

学生ボランティアさんも6人も来ていただいて、
頑張ってお手伝いしていただきました。
ありがとうございました。
いい笑顔!
ホースセラピーはボランティアの方々に支えられております。
また次回もよろしくお願いします!

sakurato.jpg
16:25 ホースセラピー | コメント(0) | トラックバック(0)

次回の乗馬療法は12月15日と23日

2012/12/12
次回の乗馬療法は12月15日(土)と、23日(日)に行われます。
だんだんと本格的に寒くなってきました。
暖かい服装でおこしくださいね。


さて、今日はセラピーでも大活躍の木曽馬さくらについて。


木曽馬は日本古来の馬(在来種)で、絶滅危惧種にも指定されています。
体系は、脚が短かく、ずんぐりむっくり。
その代わり、筋骨、肢は強く、蹄も堅いので、農耕にもよく耐えました。
木曾で切り出した木材を運んでいたのもうなずけます。

小型の馬ですが、胴が長くてお腹が大きいのは、腸が長く大きいからです。
ということは、
草類の消化が上手で、低カロリーの草中心の粗食にもよく耐えました。

長い間、人間の仕事に仕えてきたので、人間とも信頼関係を築きやすく、
性格も温和で従順で賢くなりました。
また、気力があり根気がいいのも、寒い土地で長く愛され、人間と仕事をして暮らしてきたからではないでしょうか。


一の谷の戦いで義経が
「到底人馬は越えることのできぬ難路である」と説明された崖を馬に乗って下り
義経は平家に勝利するわけですが、
そんな断崖絶壁を、騎乗者を信頼して下っていけるのは、日本の在来馬ならではだと思っています。


今年の夏、さくらは伊勢崎祭りで神主さんを乗せて、お祭りの行列に参加しました。
その時の交通規制で、行列が一時ストップされ、前には行列に加わるたくさんの人と、警官の笛の音。
後ろには鳴り物を鳴らす神輿と大勢の観客。
その間に挟まれて、耳が発達し、臆病な馬にとっては恐怖でしかない場面がありました。
普通の馬だったら、パニックになって暴れだしていたと思います。
でもサクラは、引き手を持っていた場長を信頼し、すこし慌てたようでしたが、
よく耐えてくれました。
こんな神業をやってのけるのも、木曽馬ならではだと改めて思いました。

セラピーでも、デリバリーでも、いろいろな人を乗せて悠然と歩いてくれるサクラは、ホスパラの主役でもあります。

サクラは今日も一番隅の馬房で、穏やかな目をしてたたずんでいました。



さくら


22:38 さくら | コメント(1) | トラックバック(0)

ちいさい馬がいっぱい

2012/12/12
今、ホスパラには小さい馬がたくさんいます。
今年生まれた仔馬二頭のほかに、近所の幼稚園から預かっている馬(写真右)もいて、
なんだかポニー幼稚園。

ポニーとは、馬の種類ではなくて、
体高(地面から、首の付け根の所の骨までの高さ)が150センチ以下の馬のことです。
だから、サラブレッドも小さい時はポニーなのです。

ホスパラのサクラでおなじみ木曽馬も、日本の在来種で、
大人の馬でもポニーサイズがいたりします。

ともあれ、
小さい馬がお母さんの首の下から顔をだしたり、
小さなひずめで一生懸命走っている姿は微笑ましい限りです。


こうまたち

20:29 ホスパラの馬たち | コメント(1) | トラックバック(0)

走る仔馬たち

2012/12/04
秋に生まれた二頭の仔馬達が、全力疾走して遊ぶようになりました!


[広告] VPS
14:56 ホスパラの馬たち | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |